« June 2012 | Main | December 2012 »

November 18, 2012

FON2405Eカスタムファームウエアの設定

・PCからhttp:10.10.10.254にアクセス。デフォルトユーザーとパスワードは両方とも
 admin。

・次に言語選択画面だがEnglishしかないのでそのままApplyをクリック。

【設定】基本的な項目のみ
・ルーターのモード設定はもちろんBridge接続モード。

1

・LANのDHCP TYPEはDisable

・無線設定のセキュリティはWPA2-PSKで、WPAはAES

【補足】
・Applyをクリックする度にファームに書き込みされるようで、時間が掛かる。
・メインの無線ルーターとしては怪しいので、あくまでテスト用かな..............。

| | Comments (806) | TrackBack (0)

November 17, 2012

MDR-Z500DJイヤーパッド交換

10年以上使っているSONYのヘッドホンMDR-Z500Dのイヤーパッドがボロボロに
なってきたので交換しようと思いWeb調べてみると、MDR-Z500DJ用は@1,640円
×2=3,280!もするのに対し、MDR-Z700DJのイヤーパッド(@250円×2=500円)が
代用可能との事で、早速サウンドハウスにイヤーパッドを注文し交換した。

Webでも大きさは多少大きいが問題ないとの事だったが、実際に交換して使用し
てみると、パッドは多少大きく硬いが、500DJでは耳にパッドが当たっていたが、
700DJのパッドは内径が大きいので耳にほとんど当たらず、材質が硬くても問題
なく音漏れも少ない。

上段右が500DJ用(O.Dφ84mm)、新たに付けた700DJ用(O.Dφ88mm)
Dsc00658


| | Comments (101) | TrackBack (0)

November 11, 2012

FON2405Eにカスタムファームウエア導入

近くのリサイクルショップでFON2405Eが@420円で20台程度ジャンク扱いで売られ
ていたので、1台購入しカスタムファームウエアをインストールしてみた。

手順は以下のサイトを参考に行った。
Fonera FON2405e でカスタムファームウェア導入
http://royalwin.blog.so-net.ne.jp/2011-12-20

1.USB-シリアル(TTL)変換モジュールの購入
 参考サイトでは秋月電子のモジュールを使っていたが、値段も安く手軽な
aitendoのモジュールを購入した。

2.FONの基盤にコネクト用のピンをはんだ付け
 基盤のシリアルポートにピン(LED等のリード腺)をはんだ付け

3.PCとファーム、ツールの準備
 ・PCはEeePC 1000H(WinXP)
 ・FTPサーバーはTFTPD
 ・シリアルコンソールはTeraTerm 
 ・ファームはralink-custom-20100813.imgをダウンロードし、FTPサーバーのア
  クセスパスを設定する。

4.注意点
 参考サイトの手順で基本的に問題なくファームを導入できると思うが。FONの
 電源投入時の「2」の入力とリセットスイッチを離すタイミングがとても難しい。
 それとFTPサーバーのTFTPDの「その他の設定」を何でもOKの条件にしない
 とファイルの転送が行われない。 

↓ファーム転送中       ↓FONの基盤と変換モジュール
Dsc00087Dsc00085


| | Comments (100) | TrackBack (0)

ubuntu12.10インストールのその後......

・unity-lens-shoppingの削除
・Ubuntu Oneの削除
・Dashで検索するとき:オンライン検査結果を含める⇒オフ
 アクティビティの記録⇒オフ
・Gpartedのインストール
・synapticのインストール
・ubuntu-restricted-extrasのインストール 

・Open As Rootの追加
 ※12.04からnautilus-gksuが無くなった!
 nautilus-gksuが無くなったのを何とかする (Ubuntu 12.04)
 http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1335631116

| | Comments (73) | TrackBack (0)

November 10, 2012

FOX FIRE(G-SHOCK)復活と操作説明書(1199)入手

遊環の購入
今から15年以上前に手に入れたFOX FIREだが、かなり前にバンドの遊環が切れて
からほとんど使わずにいたが、たまたまWebでこの遊環が簡単に手に入ることがわ
かり、早速購入して取り付けた

アニフォロス:http://g-shock-band.okaidoku.in/g-shock/cat89/

2個つけました 2@380円+80円(メール便)=840円

操作説明書の入手
CASIOのサイトから操作説明書を入手しようとしたら、FOX FIREの操作説明書が
公開されていないので、米国CASIOサイトからFOX FIRE(No.1199)用を入手した。

CASIO USA:http://world.casio.com/wat/download/en/manual/

Dsc00079Dsc00082_2


| | Comments (50) | TrackBack (0)

ubuntu12.10インストールでGrub rescue隊出動!

EeePC 1000Hへubuntu12.10インストールし、インストールしたSDメモリーから再起動
すると、Grub rescue隊が出動していた。

11.04~12.04ではブートローダーがちゃんとSDメモリのドライブ(sdc)に自動でインス
トールされていたが、12.10ではsda(つまりwindows)にインストールされる。素直に
sdaから起動してOSを選ぶ場合はこれで問題ないが、自分は嫌なので、再度インス
トールをやり直した。

sda(windows)にインストールしたブートローダーの修復
1.WindowsのインストールCDでパソコンを起動。

2.適当に進めて、「セットアップの開始」でRキーを押して回復コンソールを起動する。

3.「どのWindowsインストール~」と聞かれるが、1(C:WINDOWSに決まってる)を入
 力。

4.次にパスワードを聞かれるが、そのままエンター。

5.C:WINDOWS>が出たらfixmbrを入力。

6.警告文が出るが、修復したいならyを入力。

7.再起動!


ubuntu12.10のカスタムインストール
1.インストール用のLive USBメモリからubuntuを起動しDashでGpartedを起動しSD
 メモ リを再フォーマット。

 /dev/sdc1 12.30G ext4
 /dev/sdc2 2.67G linux swap

2.ubuntuのインストールをスタート

3.「インストールの種類」まで進んだら「それ以外」にチェックを付け「続ける」をクリッ
 ク。

4.インストールするデバイスは/dev/sdc1 ext4を選択し、更にダブルクリックすると
 「パーティションを編集」が開く。下記を設定しOKをクリック。

 利用方法⇒ext4ジャーナリングファイルシステム
 パーティションの初期化⇒チェック
 マウントポイント⇒/

5.ブートローダーをインストールするデバイスは/dev/sdcを選択。

6.インストールをクリックし、後は適当に設定しインストール。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | December 2012 »